夏の体調管理の基本!冷房病対策

そもそも、冷房病って何だろう?
冷房の効いた屋内と暑さの厳しい屋外との出入りを繰り返すことで、体温調節をつかさどる自律神経のバランスが乱れ、体に不調が起きることを指します。 具体的には、手足の冷え・だるさ・肩こり・腰痛・頭痛・ 胃腸の不調・肌荒れ 等々・・・さまざまな症状があります。
一つでも当てはまるものがあったら要注意です。冷房病

Pick Up!
男性のあなたにこそ気をつけてほしい!
男性の場合、冷えに敏感な女性とは対照的に、これらの症状が冷房病によるものと気づかず、対策を取らない傾向があります。
そのために症状が悪化することも・・・。
特に中高年になると、皮膚感覚が鈍くなり、冷房の寒さを自覚できない場合もあります。 油断は禁物です!

冷房病から体を守るために
ここからは簡単にできる対策法をご紹介していきます。

1.冷房の温度設定は、外気との差が5℃以内になるようにしましょう!

私たちの体は5℃以上の急激な温度変化に対応することができません。
その点を踏まえ、冷房の温度は28℃を目安に設定し、汗が出ない程度に抑えておきましょう。冷房の温度設定

2.服装で対策!冷房の冷気が肌に直接触れないよう工夫しましょう。

カーディガンや膝掛け、厚手の靴下等を積極的に活用してください。
それでも冷えが気になる場合、腹巻がオススメです。
おなかを温めると、全身の体温が上がりやすくなります。

3.足先の冷え・だるさに効果的!軽い運動で血流をよくしましょう。

足先は心臓から離れているため、血液の流れが悪くなりがちです。
少しの散歩や軽い屈伸運動が血流をよくし、冷えに効果を発揮します。

美味しくても食べすぎ注意!簡単アイスキャンディー

スジャータの容器がぴったりサイズ!夏はお家でひんやりしよう!

ひとくちアイスキャンディ

ひとくちアイスキャンディ

【材料】

  • スジャータ容器・・・1個
  • 果汁飲料・・・5ml~
  • はちみつ・・・適量
  • デコレーション用品・・・お好みで

写真ではマンゴーブレンド100、のむ果実ベリーミックス、アセロラビタミンC、家族の潤いライチを使用しています。

スジャータ容器は使用後に予めよく洗って乾かしておきます

  1. スジャータに小さじ1/3程度ハチミツを入れます。はちみつを入れる
  2. お好みの飲料を容器に注ぎ、ハチミツと混ぜます。果汁を入れる
  3. 冷凍庫で一晩冷やし出来上がりです。お好みでピックをあしらいます。冷凍庫で固める

スーパーフード「チアシード」とは?


テレビや雑誌など特に女性を中心に注目されている「スーパーフード」。
名前からしてなんだかスゴそうだけど、、、

どういうものか知らない方も多いのでは?

スーパーフードとは一般の食品より栄養素や有効成分を多く含んでいる食品のこと。
アサイー、ココナッツ、カカオなどがあり、その中でも最近注目されているのが「チアシード」です。
国内外の著名人が健康・美容のために取り入れていることでも話題になりました。

スーパーフード 「チアシード」とは
南米生まれのシソ科の植物「チア」の種。ごまよりも少し小さな種です。
無味無臭で種のままでも食べることができます。
オメガ3脂肪酸、食物繊維、アミノ酸、カルシウム、ミネラルなどを豊富に含み、古代アステカの主要作物として先住民の健康を支えてきたといわれています。

特にオメガ3脂肪酸のひとつアルファリノレン酸は体内で作ることができない“必須脂肪酸”と呼ばれ、その含有量はクルミや大豆を超えるトップクラス。

また、水分を含むとゼリー状に膨らむ特性があり、ぷるぷるした食感と腹持ちがよいのでスッキリをサポートする食品としても注目されています。チアシード

オメガ3脂肪酸とは
脂肪酸は結合の違いにより「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分けられます。 オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸のひとつで、青魚に多く含まれるDHAやEPA、シソやえごまに多く含まれるアルファリノレン酸がこれです。
体のリズムを整え、特にデリケートな方に効果がある栄養素です。オメガ3脂肪酸とは

アミノ酸とは
人の体の約20%がタンパク質でできています。
このたんぱく質はアミノ酸から構成されています。人の体を形成するアミノ酸は全部で20種類。そのうち体内で合成できない9種類のアミノ酸が必須アミノ酸です。
食事から摂取する必要があり、体のコンディションを正常に保つ大切な成分です。体をつくるアミノ酸