気になる「加齢臭」の原因とケア (後編)

先月のコラムでは『加齢臭の原因』を特集しました。(おさらいはこちらから→ニオイの正体、ノネナール・・・?)今月お届けするのは、その対策についてです。毎日を気持ちよく過ごすために、ぜひお役立てください☆

● どこから臭うの?

どこから臭うの?皮脂の分泌が盛んな部位は臭いやすいといえます。枕から臭う、という話を聞いたことはありませんか・・・?頭部は皮脂の分泌量が多いですから、ニオイが発生しやすいのです。

それ以外には、背中、耳や首の後ろ、脇、胸元などに特に注意し、清潔に保つことが望ましいでしょう。

● ◯◯◯◯の見直し が加齢臭を抑える

体を清潔に保つこと以外に、生活習慣の見直しが対策に繋がるとされています。体に抗酸化作用をもたらし、ノネナールの生成が抑えられるためです。

★食生活が大事!
和食中心の食生活が望ましいでしょう。抗酸化作用が高いとされる、ビタミンC・Eやポリフェノールを多く含む食品を効率よく摂取できます。
反対に、控えるべきは、脂身の多い肉など動物性の脂質です。甘いお菓子やジュースの摂り過ぎにも気を付け、バランスのよい食生活を心掛けましょう。

加齢臭対策★それ以外にも・・・
禁煙、お酒を飲み過ぎない、ストレスを溜めないことがあげられます。軽めのジョギング・ウォーキングといった有酸素運動もおすすめです。ただし、汗をかいた後は体と衣服のケアを忘れずに!

ポイントは頑張りすぎないこと。無理をせず、継続して取り組むことが大切です。


加齢臭をなくそうと神経質になると、かえってストレスになることも・・・。加齢臭は誰にでも起こること。原因やケアを知り、上手に、そして前向きに、付き合っていきましょう。


監修:沼田光生先生
海風診療所(トレーフル・プリュス内)院長
医療法人仁徳会周南病院 理事長

気になる「加齢臭」の原因とケア (前編)

気になる加齢臭「もしかして・・・臭う?」

中年の男性や高齢者を中心に、「加齢臭」つまり体のニオイを心配する方が増えているといいます。その原因やケアについて2回にわたって特集します。

●加齢臭の正体 ×××

加齢臭の正体を探るまえに、知っておきたいのが「皮脂」について。皮脂は皮膚の潤いを保ち、保護する役割を担っています。

加齢臭の原因となる物質ですが、皮脂を分泌する「皮脂腺」に含まれる「脂肪酸」が酸化することで発生します。名前を「ノネナール」といい、1999年に日本で発見されました。

●若い人が臭わない2つの理由

加齢臭が若い人にはない、中高年特有のニオイとされるのはどうしてでしょう?2つの理由がありました。

1つは、加齢臭の原因物質ノネナールの元となっている脂肪酸が、加齢により増加する性質をもつためです。

もう1つは、若い人の体では抗酸化作用が活発に働くためです。脂肪酸の酸化が抑えられ、ノネナールが発生しにくくなります。
 
●女性だって気になる!

加齢臭に性別は関係ない!ところで、男性のイメージが強い加齢臭ですが・・・ノネナールは、性別を問わず、40歳を過ぎた頃から増える傾向にあります。

一般的に、女性は男性よりも皮脂の分泌量が少なく、従ってノネナールの分泌量も控えめです。しかし、加齢臭が発生する仕組みは男女共通。皮脂の分泌が増える夏季など、注意して過ごしたいところです。


『加齢臭の原因』についてお届けしました。今回はここまで!来月は、ぜひ実践したい『加齢臭の対策』に迫ります。乞うご期待☆


監修:沼田光生先生
海風診療所(トレーフル・プリュス内)院長
医療法人仁徳会周南病院 理事長

 
 

私たち人間の味方!乳酸菌を知ろう2

乳酸菌は私たち人間と実に深い関係にあります。食品に働きかけ、人間にとってうれしい効果を生んだり・・・体内で善玉菌として健康維持にチカラを貸してくれたり・・・先月号でご紹介した内容は、こちらからおさらい可能です!

今月も引き続き特集します(*^-^*)/

●乳酸菌のチカラを引き出す3つのヒント

乳酸菌を含んだ食品は身近なところにたくさん!ヨーグルトやチーズといった乳製品をはじめ、キムチなどの漬物、味噌や醤油などがあります。これからご紹介する3つのヒントを参考に、日々の食生活に取り入れてみるのはいかがでしょうか?

乳酸菌を含む食品

[1]毎日コツコツ!
食品から摂取した乳酸菌は、生きたまま大腸に届いても、長くは留まらず便とともに排出されます。毎日コツコツ摂ることがその効果を得る近道に!

[2]一緒に摂るのが理想的!
食物繊維とオリゴ糖は、腸内に棲んでいる乳酸菌やビフィズス菌とともに活動し、その働きをサポート!ちなみにオリゴ糖は、豆類やごぼう、玉ねぎ、アスパラガスなどから摂取できます。

[3]高たんぱく・高脂質の食事は避けよう!
たんぱく質や脂肪の過剰摂取は、悪玉菌の増殖を手助けすることになります。ファストフードや脂身の多い肉類は控えめにしましょう。


◆Pick up! 「死菌」も体によいって本当?

食品から摂取した乳酸菌は、消化管のなかで「生菌」と「死菌」にわかれます。生菌とはすなわち、生きたまま大腸に届く菌のこと。しかし、ほとんどの菌は大腸に届く前に、様々な消化液の殺菌力の働きを受けて死滅します。これが「殺菌乳酸菌」、つまり死菌と呼ばれるもの。名前のイメージとは裏腹に、活力アップに役立つ、人間にとって有益な存在です。その作用により、身体環境のバランスが良い方向へ整えられます。死菌で免疫力UP!


●乳酸菌にまつわるカタカナ用語を解説!

ひょっとしたら見聞きしたことがあるかもしれない、代表的な3つの用語を解説!
意味がわかれば、乳酸菌についての理解がより深まります☆

プロバイオティクス 
体によい作用をもたらす、生菌を摂ること。菌そのものや含んでいる食品を指す場合もあります。乳酸菌・ビフィズス菌や、ヨーグルトなどの発酵乳・乳酸菌飲料で、生きたまま大腸に届くものが該当します。

プレバイオティクス
乳酸菌やビフィズス菌とともに活動し、その働きをサポートする「難消化性食品成分」のこと。食物繊維やオリゴ糖など。
プロバイオティクスとプレバイオティクスを一緒に摂ることを「シンバイオティクス」と言います。前項『乳酸菌のチカラを引き出す3つのヒント』で触れた通り、理想的な効果が得られます!

バイオジェニックス
体によい作用をもたらす食品成分は、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、食物繊維の6大栄養素が有名です。しかし近年、これら以外に、体に直接よい作用をもたらす食品成分の存在がわかってきました。例えば、ポリフェノール類、DHAなどです。これらの食品成分が「バイオジェニックス」であり、第7の栄養素群「ファイトケミカル」とも呼ばれます。乳酸菌の死菌体もこのバイオジェニックスの仲間とされています。


◆調査隊おすすめ!乳酸菌関連アイテム

鶴田先生のカレー
製法にこだわりぬいた、Dr.鶴田監修のカレーです。乳酸菌1000億個含有!

私たちの食生活や健康に深く結びつき、支えてくれる乳酸菌。その働きや効果を理解して、日々の食生活に取り入れられるとよいですね☆


監修:波動医科学総合研究所