なぜ「カボチャ」なの?ハロウィン雑学

10月31日はハロウィン。
遡ること数千年前は、古代ケルト人(※)の「秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す」宗教的なお祭りだったといわれています。 それがアメリカに伝わり、本来の宗教的な意味合いはなくなり今ではひとつの行事として定着しています。
さて、このハロウィン。
なぜカボチャなのか、なぜシンボルカラーがオレンジ色なのか。
その理由ご存知ですか?

※古代ケルト人
古代ヨーロッパの中~西部に住んでいた「ケルト語を話す人たち」。
(人種をさすものではない)この中には多数の部族が含まれる。
紀元前5世紀ごろ栄えた。現在はアイルランドやスコットランドに残る。

昔はカボチャじゃなかった?

ちょっと怖い顔にくり抜かれたカボチャの『ジャック・オー・ランタン』。
その昔、古代ケルト人は「カブ」をくり抜いて、その中にろうそくをいれ、ランタンにしていたそうです。26-8

それが、アメリカに伝わったときアメリカではカブがあまり親しまれておらず、カボチャに変わったとか…

そもそも「カブのランタン」の背景には、「ジャック」 という男の話があります。 ジャックは人をだますのが得意な男。
ある時、悪魔をだまし地獄に行かない約束をします。
ジャックは約束通り地獄に行かなかったのですが…

続きが気になる方はぜひ調べてみてくださいね!

イメージカラーのオレンジと黒はどこから?

もともと秋の収穫を祝うお祭りなので、「オレンジ」は収穫を表しています。 そして、古代ケルト人にとって10月31日は日本でいう「大晦日」。1年の終わりの夜、死者の霊が親族を訪ねたり、悪霊が出てきて作物を荒らすと信られていました。「黒」は「死」を表す色だったのです。

いかがでしたか? 意外と知られていないハロウィン話は楽しんで頂けましたか? 今年のハロウィンパーティでぜひ披露してくださいね♪

クリスマスツリーを作ろう

スジャータの空容器と松ぼっくりで「クリスマスツリー」が作れます!
容器は褐色なので、ツリーの植木鉢に見立てるのにぴったり♪ 約1時間で仕上がります!
たまには家で工作を楽しみませんか?
スジャータと松ぼっくりのクリスマスツリー
スジャータと松ぼっくりのクリスマスツリー
【材料】(1個分)

  • スジャータ・・・1個
  • 松ぼっくり(小さめ)・・・1個
  • 紙粘土・・・5g
  • デコレーション用品・・・お好みで
  • アルカリ絵の具・・・1色
  • 筆・・・1本
  • 水・・・少量

※スジャータは空容器を使います。使用後、洗っておきます。

【作り方】

  1. アクリル絵の具をパレットに出し、筆に水を含ませ溶かし混ぜます。
  2. 松ぼっくりに色を塗り、乾かします。松ぼっくりに色を塗る
  3. スジャータのカップに紙粘土を詰めます。容器から溢れる程度詰めます
  4. 2を3に乗せ、松ぼっくりの下部が軽く埋まる程度までしっかり押し込みます。
  5. 4にマニキュアやビーズなどでデコレーションします。
  6. 紙粘土が乾いたら出来上がりです。

パンケーキとスプレーホイップでクリスマス風パンケーキを作ろう

5分でできるクリスマス風パンケーキ

クリスマス風パンケーキ
【材料】(1~2人分)

  • 冷凍パンケーキ※1・・・2枚
  • スプレーホイップ・・・1本
  • いちご・・・3個
  • チョコペン・・・1本
  • 型抜き※2・・・お好みのもの

※1:あらかじめ冷凍パンケーキは解凍方法に従って解凍しておきます。
※2:写真では花形の型を使用しています。

  1. パンケーキをお好みの型でくり抜きます。
  2. いちご2個をスライスし、1枚目のパンケーキの上に並べます。
  3. スプレーホイップでまんべんなくホイップを敷き詰めます。
  4. [3]にもう一枚のパンケーキを乗せます。
  5. 残りのいちごでサンタを作ります。ヘタを取り、座りがよくなるよう
    ヘタから1~2mm程度切り落とします。ヘタから2/3あたりで切ります。
  6. 胴体(いちご2/3部分)にスプレーホイップ1プッシュして、顔を作ります。 そこへ、チョコペンで目を入れ帽子(いちご1/3部分)をかぶせます。
  7. [4]にスプレーホイップで再度ホイップをまんべんなく敷き詰め、[6]のサンタを乗せて出来上がりです。