通信販売限定商品



冷凍流通珈琲


IFCコーヒーの歴史

鮮度=健康。
1990年4月、当時社長の日比孝𠮷は、生鮮食品と同じように、農産物であるコーヒー豆も冷凍・冷蔵すれば鮮度が維持できるのではと考えました。
「美味しさの秘密は、鮮度だ」
この社長の発想に、当時の開発員は設備が無い中で、急速冷却の実験を地道に続けました。

product

冷気で守られた
特別なコーヒー豆の香り(アロマ)

やがて急速冷却製法によって、コーヒーの命とも言える「アロマ」をコーヒー豆の中に封じ込めることに成功します。
そしてついに1990年11月、業界初の冷凍・冷蔵のコーヒー「きくのIFCコーヒー スペシャルブレンド」が誕生しました。
この技術は世界各地で認められ、日本、アメリカ、中国、ヨーロッパ各国などで特許を取得していました。

product
product

Bamboo Charcoal Roasted

product4

「竹炭」で豆の芯まで焙煎。

豆の焙煎には、厳選した国産の竹炭を使用しています。
竹炭焙煎は、ガスや電気焙煎に比べて技術や手間がかかりますが、輻射熱により豆の中心部から外側まで均一に熱が通るため、芯までムラなく焙煎することができます。
そのため、コクがありながら後味がすっきりした雑味の少ないコーヒーに仕上がります。

product3

青白い炎

炭素や炭から発生するガスによりコーヒー豆の過剰な酸化が抑えられ、旨味成分を閉じ込めます。
この際に現れる青白い炎は竹炭特有の現象です。

product

徹底した温度管理

熟練の焙煎士が炭火の火力を小まめに調整し、丹念に焼き上げてから冷却します。

product3

Rapid Cooling Process

product8

焙煎、「即」冷却して鮮度を保つ。

コーヒー豆を焙煎後に急速冷却することで、アロマを封じ込めます。

product7

仕上がりを常に確認

仕上がりにムラがないよう、コーヒー豆の色を焙煎士が常にチェックします。

product9

厳選されたコーヒー豆

コーヒー豆は、サンプルを形、色、香りなど様々な点から確認し、品質の良い選ばれたものだけを使用しています。

product10

Meiraku Factory

product12

1.カッピング

お客様の元へお届けする前に、使用する豆を、抽出したコーヒーの味、香り、色味など多角的な方向からチェックします。

product13

2.焙煎

竹炭焙煎と急速冷却製法により、アロマを豆に封じ込めます。

product14

3.充填

粉砕(グラインド)した豆を個包装に充填。
欠陥品が無いかを常に確認し、手作業で選別しています。

product15

4.冷凍保管

焙煎後、パッケージに充填されたコーヒーバッグをマイナス15℃に調温された冷凍庫内に保管。以後、常温には触れません。

product16

5.冷凍流通

冷凍庫が完備されたトラックにてご家庭まで直接お届けします。
冷気で守られたコーヒー豆の香りをお楽しみいただけます。

product17

宇宙時代へ