持続可能性への取り組み

スジャータめいらくグループでは、持続可能性への取り組みの一つとして、「環境にやさしい包材」の使用に積極的に取り組んでいます。

スジャータエコパッケージマーク
スジャータエコパッケージマーク

バイオマスプラスチックとは

原料として植物などの再生可能な有機資源を使用するプラスチックのことです。
バイオマスプラスチックの原料は主にサトウキビ、トウモロコシ、キャッサバなどです。

なぜバイオマスプラスチックが環境にいいの?

化石燃料由来のプラスチックは分解されにくく、微細化した「マイクロプラスチック」が海洋中の生態系に悪影響を及ぼす懸念が指摘されています。
バイオマスプラスチックは、マイクロプラスチックの削減に加え、二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果も期待できます。原料となる植物が生育時の光合成で二酸化炭素を吸収するため、焼却しても二酸化炭素の総排出量を抑えられるとみなされています。

 スジャータめいらくグループは「4つのビジョン」を軸に今後も環境対策を強化していきます 

4つのビジョン

今後も各カテゴリーの商品パッケージにおいて、「環境にやさしい包材」への切り替えを予定しております。
包材のみならず、商品のチラシも再生紙を利用するなど、多方面にわたり環境に配慮した取り組みを進めております。