残留農薬分析

2006年に食品中に残留する農薬、動物用医薬品等に関する規制として「ポジティブリスト制度」が施行されましたが、食品衛生法違反事例は後を絶ちません。使用薬剤が不明な場合は「農薬一斉分析」を、 使用薬剤が既知の場合は「農薬個別成分分析」をご利用ください。
検体必要量(目安)
生鮮品500g以上
加工品200g以上
分析装置の一部をご紹介いたします
ガスクロマトグラフタンデム質量分析計 (GC-MS/MS) 液体クロマトグラフタンデム質量分析計
(LC-MS/MS)
試験項目 分析料金(税込) 使用装置
農薬一斉分析(最大550項目) 132,000円

GC-MS/MS
LC-MS/MS、HPLC

農薬一斉分析
(有機リン系農薬57項目を含む最大310項目)
66,000円 GC-MS/MS
有機塩素系農薬(14項目) 22,000円 GC-MS/MS
分解性農薬分析(6項目)
TPN,キャプタンなど
22,000円 GC-MS/MS
農薬一斉分析
(最大220項目)
44,000円 LC-MS/MS
農薬個別成分分析
(グリホサート、アセフェートなど幅広く対応可能です 。
ぜひお問い合わせ下さい。)
要相談  
※ポジティブリスト制で測定対象となっている化合物等は原則測定対象としておりますが、一部、一斉分析では測定できない項目がございます。
※残留農薬分析は上記以外にも対応が可能です。お客様の検査目的に合わせた分析プランを分析専門スタッフがご提案させていただきますので、お気軽にお問合せください。
ご不明な点、ご相談等ございましたら、お気軽にお問合せください。
分析依頼手順