きくのIFCコーヒー こだわり
きくのIFCコーヒーの香りの秘密


香り鮮度を保持したIFCコーヒーのこだわりの製法

●急速冷却製法
焙煎後、熱々のコーヒー豆を冷気のシャワーで冷やし、 温度を下げることで炭酸ガス、香りの散逸を抑制します。



●低温管理

低温管理でコーヒー豆の香り成分を長時間保持しております。
低温管理 コーヒー   コーヒーの香りの経時変化 グラフ

当社バイオ開発調べ ガスクロマトグラフ質量分析法
                 当社自社焙煎コーヒー豆使用

3ヶ月後で冷凍保存と常温保存で香り成分量の差は・・・・・・約2倍   
            冷蔵保存と冷凍保存では・・・・・・約1.5倍

ガス抜きしない「きくのIFCコーヒー」は、低温管理でコーヒーの香りを閉じ込めています。

ページのトップへ戻る