カップを使い分ける

  コーヒーカップにも種類があります。飲むコーヒーに合わせて使えば、よりおいしく感じます。

スタンダード スタンダード
ちょうどコーヒー1杯分(カップの8分目くらい)の、一番使われている大きさのカップ。
マグカップ マグカップ
容量が約200mlのカップ。たっぷり飲みたいときにちょうど良い大きさ。
カプチーノ カプチーノカップ
口径が広く、表面に泡をトッピングしやすい大きさ。カプチーノ以外にも使えます。
デミダス デミダス
エスプレッソ用の小さなカップ。スタンダードカップの半分。デミタスとはフランス語で半分(2分の1)という意味。
カフェオレボウル

カフェオレボウル
お碗のようなボウル。カフェオレはコーヒーと牛乳を1:1で作ることが多く、容量が大きいものが使われます。パンを浸しながらでも食べやすい大きさ。