起源説その1

エチオピアの高原でのお話です。

ヤギ飼いのカルディはヤギが赤い実を食べると、
一日中興奮していることに気が付きました。
yagi
自分でも試しに食べてみると、頭がすっきりします。

この話を修行僧に話してみると、早速修行僧も試してみました。

すると、これまで夜の睡魔に悩まされていたのが、
徹夜の修行も睡魔に負けず打ち込めるようになりました。

これがコーヒーを飲み始めた起源説のひとつです。
line

起源説その2

13世紀頃、イエメンの山中でのお話です。

イエメンの聖者シーク・オマールはモカの人気祈祷師でした。
ある日、王の娘に恋をしたことで王が激怒し、
オウサブという地へ追放されてしまいました。

ひとり、空腹のまま山中をさまよっていると
鳥が赤い実を食べているのを発見しました。
豆
シーク・オマールはその赤い実を持ち帰り、
煮出してスープにすると、独特の香りがしました。
そして飲んでみると、疲れきったからだも回復しました。

これがコーヒーを飲み始めたもうひとつの起源説です。